Moana Koa, Inc.
モアナコアで扱うコアウッドについて
ウクレレ制作にはコア、マホガニー、エボニー、メイプル、ローズウット、マンゴー、スプルース、シダーその他、多くの木材が使えます。 モアナコアウクレレスクールでは、良質のハワイアンコアをメインに使いウクレレを制作します。
ハワイアンコア

ハワイアンコアウッドは、アカシアの仲間でハワイを代表する木材です。トップ、バック、サイドボード・ネック・指板・ブリッジ等、あらゆる 所に使われています。適当に固さと粘りがありハワイではウクレレといえば、ハワイアンコアと言われるほど代表的な材料です。
ハワイの固有種であるコアの木は、木目が美しく艶の出る堅い材として古くからカヌーや、楽器などの材料と して使われてきました。伝説のサーファーであり競泳の金メダリストのデューク・カハナモクが使った ロングボードもコアで作られていました。現在では、その絶対量が少ないため伐採制限を受け高級品として 扱われています。ハワイ島でもっと多く産出されています。
ハワイ島東側コナ方面のコアは少し赤みかかったレッドコア。西のヒロ方面のコアは少し黄色かかったイエロー コアと俗に呼ばれています。しかし、いずれのコアも乱獲のため、ハワイ政府より公用地での伐採禁止と輸出 制限のため、良質のコアは入手が難しくなっています。特に下の写真の様な木目部分にウエーブの入ったカーリーコアは生産 量の2〜3%と非常に少なく、高価で入手困難です。

ハワイのウクレレメーカーでは、コア材の品不足と価格高騰のため、従来はコア材のみを使って製作していたメーカーも、最近は マホガニーモデルを幾つか発表したほどです。



日本のウクレレ制作関係の方と話をすると、 ハワイアンコアは全て、伐採禁止と輸出 禁止で入手が不可能だと聞きました。 これは正確ではなく現時点での伐採禁止は 公用地のもので、私有地のものは伐採禁止の 対象ではありません。
輸出も禁止ではなく規制です。 規制内容は、樹皮の付いたものが規制 対象です。つまり製材して樹皮を取って あり、丸太や原木でなければ国外持ち 出しや、日本からの購入も現時点では、 なんら問題はありません。


先日、ハワイのWoodshop代表の方にお会いし、手持ちのコアを拝見させて頂きました。それは素晴らしいカールの入ったもので、 それも大量に山積みしていました。聞けば60、000ドルかけて集めたとの事です。そうです、お金を出せばカーリーだろうと、 トラ目だろうと入手可能と言うことです。あくまでもこれは現時点の事で公用地での伐採禁止が出ている以上、現在市場にある物と 自然倒木以外は増えることは少なく、値上がりも避けられないでしょう。先にも述べたように良質のカーリーコアはハワイでも 入手が難しくなっています。

ページの 先頭へ戻る



プライバシーポリシー   プレスリリース   お問合せ

Copyright (C) 2008 Moanakoa Corporation. All Rights Reserved.